【受注生産品】出刃包丁(片刃・150mm・磨き・右利き)

¥ 8,800

*Tax included.

*Additional shipping charges may apply, See detail..

About shipping fees

The shipping fee for this item varies by the shipping method.
  • 包丁・剣鉈類(ヤマト運輸サイズ60)

    Regional setting
    • Hokkaido

      • Hokkaido 2,030JPY
    • Tohoku

      • Aomori 1,590JPY
      • Iwate 1,590JPY
      • Miyagi 1,590JPY
      • Akita 1,590JPY
      • Yamagata 1,590JPY
      • Fukushima 1,590JPY
    • Kanto

      • Ibaraki 1,370JPY
      • Tochigi 1,370JPY
      • Gumma 1,370JPY
      • Saitama 1,370JPY
      • Chiba 1,370JPY
      • Tokyo 1,370JPY
      • Kanagawa 1,370JPY
      • Yamanashi 1,370JPY
    • Shinetsu

      • Niigata 1,370JPY
      • Nagano 1,370JPY
    • Hokuriku

      • Toyama 1,150JPY
      • Ishikawa 1,150JPY
      • Fukui 1,150JPY
    • Tokai

      • Gifu 1,150JPY
      • Shizuoka 1,150JPY
      • Aichi 1,150JPY
      • Mie 1,150JPY
    • Kinki

      • Shiga 1,040JPY
      • Kyoto 1,040JPY
      • Osaka 1,040JPY
      • Hyogo 1,040JPY
      • Nara 1,040JPY
      • Wakayama 1,040JPY
    • Chugoku

      • Tottori 930JPY
      • Shimane 930JPY
      • Okayama 930JPY
      • Hiroshima 930JPY
      • Yamaguchi 930JPY
    • Shikoku

      • Tokushima 1,040JPY
      • Kagawa 1,040JPY
      • Ehime 1,040JPY
      • Kochi 1,040JPY
    • Kyushu

      • Fukuoka 930JPY
      • Saga 930JPY
      • Nagasaki 930JPY
      • Kumamoto 930JPY
      • Oita 930JPY
      • Miyazaki 930JPY
      • Kagoshima 930JPY
    • Okinawa

      • Okinawa 1,260JPY

*Japan domestic shipping fees for purchases over 30,000JPY will be free.

Report

■ 【受注生産品】出刃包丁(片刃・150mm・磨き・右利き)

刃渡長/刃型:150mm/片刃
鋼/表面:青鋼/磨き

出刃包丁の用途は、魚や鳥のおろし、骨など硬いものを処理するのに適した包丁です。

包丁の部分は鉄と青鋼を用い、柄の部分はの柄材を用いた包丁になります。
刀身の入れ替えや柄の握りやすさはそのまま和包丁の利便性を残しつつも切れ味に優れ、サビは発生しても手入れが簡単、そして何よりも重さや握り心地など長年積み重ねられたノウハウがハンマーでの手作業で一丁一丁に刻み込まれています。

鋼で作られた包丁は、非常に切れ味が良いです。
しかし一方、含まれている炭素が錆びに弱いので、放っておくとすぐに錆びます。
出刃包丁は、その他の包丁とは比べ物にならないくらいに頑丈です。
しかし、適当に扱っているとすぐに刃こぼれを起こしてしまいます。魚を骨ごと切ったり、細い鳥の骨ごと両断したりといったことを続けていると、切れ味はすぐに鈍ってしまうのです。

切れ味が鈍ると上手に切れなくなるので、その分力を入れたり、乱暴に扱って無理に食材を切ろうとします。
すると切り口が悪くなり、更に切れ味が鈍り、と悪循環を続けると、どんなに良い包丁を持っていてもすぐに壊してしまうことになりかねません。

それを防ぐためには、定期的に出刃包丁のお手入れをする必要があります。
出刃包丁は切れ味が鈍くて良いことなどありません。
良く切れる出刃包丁なら刃こぼれすることもなく、無理に体重をかけたりすることもなく一息でスパッと食材を切ることができます。
そのため、料理の手間も安全性という面から見ても日常的に包丁を研ぎ、切れ味を保っておくことが大切です。

【当店の出刃包丁には「両刃」と「片刃」があります】

プロの料理人の方や、本格的にお料理をされる方は、両刃に比べて刃の食い込みが良い「片刃」を好んで使用することが多いですが、一般の方なら、切るものに対して刃がまっすぐ入る「両刃」の方が扱いやすいと言われています。
なお、両刃は左右共通ですが、片刃は右利き専用もしくは左利き専用となります。
(左利き用の製作も可能ですので、お気軽にお問合せください)